プログラミングを活かせる仕事:WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、パソコンやスマホで見るWEBサイト(ホームページ)をデザインする人のことです。
WEBサイトは現代ではテレビなどを超える情報発信媒体です。
各社いろいろと凝ったデザインにしており面白いですよね。
中には動きにも凝っていて触っていて気持ちいいWEBサイトもありますね。
WEBデザイナーはWEBサイトを作りたい人の思いを聞き、それに沿ったWEBサイトを作ります。
WEBサイトをデザインするには、次のようなプログラミング知識(プログラミング言語)が必要です。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript など

デザイナーというと絵を書いたり画像を加工したりするイメージがありますが(もちろんそれも必要ですが)、
実際にそれをパソコンやスマホで見れる画面に変換する作業が必要です。
この作業に必要なプログラミング言語が上記になります。
これらのプログラミング言語は当教室でも扱います。

なお、仮に自分がWEBデザイナーではなく、デザインを頼む側だとしてもプログラミング知識はあるに越したことはありません。
知識があれば相手が苦労しそうなところがわかるのでデザイナーとのやり取りがスムーズになるでしょう。

ちなみに実際にどんなWEBサイトをデザインするかですが、色々ありますが、例えば次のような需要があります。

  • ポータルサイト
    インターネットの玄関口となる巨大なWEBサイトのことを言います。
    ニュースやリンク集など総合的に案内サイトです。
  • ランディングページ
    1ページに一つの商品やサービスを売るための情報を長ーく載せたものです。
  • ショッピングサイト
    楽天市場やAmazonに代表される買い物ができるサイトです。
  • スマホアプリ
    スマホアプリのデザインもWebデザイナーが関係します。

Webデザイナーで必要とされる HTMLやCSS、JavaScript は、比較的難易度が低く、大人になっても使えるプログラミングとして覚えるのに適しています。
Scratchの次のステップとして是非覚えてくださいね。